青汁のつくり方

今一番健康にいいとして一番人気なもので青汁があります。
青汁は大麦若葉やケールで作られているものがいろいろと販売されています。
多くの人が販売されている青汁を購入して飲んでいると思います。

青汁が自宅で手軽に作れるということをほとんどの人が知りません。
大麦若葉やケールで青汁を作れると一番効果的なのですが、一般では大麦若葉やケールを手に入れることがむつかしく、非常に高額なため実用的ではありません。
ただ、この2つ以外でも青汁として同じような効果がある野菜が他にもいくつもあります。
自宅で作るにはお手頃価格で手に入りやすいものを使えば自宅で簡単に青汁を作ることができます。

市販で栄養価の高いものとしてはパセリや小松菜を生で食べることで大麦若葉やケールと同等の栄養価を摂取することができます。
パセリと小松菜を買ってきます。
火を通して食べればそれなりの栄養素が摂取できますが、栄養価の面で考えると、生で食べることが一番です。
ただ、買ってきたパセリや小松菜を生で食べることはむつかしいです。
そこで野菜をよく洗い、ミキサーで細かくします。
これを酢のまま飲めば一番いいのですが、これだと飲めるものではありません。
粉にした野菜にお好みで牛乳やはちみつなどをいれて好みの味にします。
自分好みの味付けをすることで、飲みやすくして毎日飲めるような青汁を作ることができます。

これであれば、市販の青汁を購入しないで自分で簡単に市販の青汁と変わらないほどの栄養価の高い青汁を作ることができます。

Copyright © 2014 青汁は手作りでできるもの? All Rights Reserved.